» 未分類のブログ記事

デオドラント用のブレンド方法について

| 未分類 |

レモングラスはレモンの香味成分であるシトラールを含んでいるため爽やかな柑橘系の香りがし、その精油を使用することにより冷え性の改善等が期待でshopping01_lき、さらに虫が嫌う匂いの一つであり虫よけスプレーに使用されます。
サイプレスは檜によく似た香りですが少しスパイシーな匂いもして、消臭効果に優れた香りの一つですし、イライラした時や集中力がないときに嗅ぐと気分を落ち着かせて安定に導きます。
パインは松から採取した精油で新緑の様な匂いで精神を安定させたり、また抗菌作用もあるので喉の痛みや鼻詰まりなどを緩和してさらに消臭効果もあります。
精油でアロマスプレーを作る場合、用意するものは無水エタノールと精製水、お好みの精油とスプレーボトルですが、スプレーボトルは遮光のものを使いましょう。
アロマスプレーを使い切る目安は約一週間です。
無水エタノール5mlに対して精製水は50mlを目安にし、精油は4~5滴入れます。
ルームフレグランスにしたい場合は、無水エタノール5mlに対して精製水は25ml、精油は10滴が限度です。
精油は水に溶けにくいので、必ず精油と無水エタノールを先に混ぜ合わせてから水を加えましょう。
瓶に竹串を数本刺して簡易アロマスティックも作れます。
その場合は無水エタノール20mlに対して精油を20滴入れますが、その際に精製水は入れなくても構いません。
もし入れるのなら10ml入れる程度で良いでしょう。

筋肉痛、肩こり用のブレンド方法について

| 未分類 |

植物を使用したエッセンシャルオイルは、一般的に好きな香り、好きな植物という感覚で選ぶものですが、アロマのショップや企業など取引をする上では、auction01_lジャワ種とセイロン種というように、細かい種類にも注目して選択を行います。
基本的にはジャワ種の方が成分が濃いと言われていますが、元になる植物によっても多少違いがあるのも確かです。
成分の濃度は、肩こりや腰痛の緩和など直接身体に塗布して使う時に大きく差が出てしまいますから、注意が必要ではないでしょうか。
肩こりなどの症状にはシダーウッドやペパーミント、ユーカリのエッセンシャルオイルが効果を発揮します。
これらは皮膚から身体の内部に入りこんで、筋肉の動きを調整したり、固まってしまった老廃物を押し流すというような働きも持っていますから、疲労につながるような節々の痛みには最適と言えるでしょう。
もちろん直接塗布してはいけません。
特に濃度の濃いジャワ種のものであれば危険ですから、洗面器にお湯をはり、そこに数滴のエッセンシャルオイルを垂らして、そのお湯に付けたタオルを患部に置くという方法が一番安全であり効果も高いでしょう。
温める事で痛みに対しての効果はより引き立ちます。

虫除け用のブレンド方法について

| 未分類 |

虫よけに効くゼラニウムの精油はほんのり甘く少しローズに似た香りを持ちながらも爽やかなミントのような匂いも持ち合わせ、その効能は虫除けのほかに気分を和らげたり高揚させる働きがあります。
イライラしている気持ちを落ち着かせる効果も期待でき、アロマバスやトリートメントなど多様に使用出来ます。
ペパーミントの精油はクールで清涼感あふれる爽やかな香りで、その効能は消臭抗菌作用がありゼラニウムと同じ虫除けにも期待出来る他にも、眠気を覚ましたり気分を落ち着かせる働きがあります。
ただ肌に対する刺激が強いので、ペパーミント精油を使う際は濃度を0.5%以下にして使用し、敏感肌の人は使用をお避け下さい。
精油でアロマスプレーをブレンドするときは、無水エタノールと精製水(なければ浄水器の水でも代用可能)、遮光性のあるスプレーボトルが必要になります。
ブレンド方法は無水エタノールに精油を5~6滴加えよく混ぜ合わせ、そこに精製水を加えて軽くボトルを振れば完成です。
使い切る目安は約一週間がいいでしょう。
部屋の芳香剤として使うのならアロマスティックがお勧めです。
用意するものは遮光瓶と竹串を数本、精油20滴と無水エタノール10mlで出来ます。
もし水を加えたい場合は精製水か浄水器の水を使用してください。

ジャワ種とセイロン種の違いとは

| 未分類 |

消臭や防臭、虫よけといった実用的な使い方から、頭痛や神経痛の解消、感染症予防といった健康面での効用まで期待できるエッセンシャルオイル、「シa0027_000273トロネラ」。イネ科の植物から精製されるオイルですが、レモンのような強い香りが特徴です。このシトロネラはスリランカが原産の植物ですが、マダガスカルやビルマなど熱帯地方に幅広く生育しています。そのなかでもエッセンシャルオイルとして広く使用されているのはジャワ産とセイロン産です。
ジャワ種とセイロン種は基本的な性質は同じですが、成分の含有量が多少違います。主成分であるゲラニオールなどは、セイロン種よりもジャワ種のほうがより多く含まれているのです。したがって効能をより効果的に利用したいのであれば、ジャワ種のオイルのほうが適しています。ただしこのゲラニオールは香り成分でもありますので、含有量が多ければそれだけ強烈な香りを発します。ですから強烈な香りが苦手な人であれば、セイロン種のほうが適しているでしょう。特にこのオイルの消臭作用を期待してペットに利用する人も多いのですが、ペットの中には香りに非常に敏感な動物もいますので、そのようなペットに使用するのであれば香りのきつくないオイルを選択する必要があります。

お肌への効果効能

| 未分類 |

エッセンシャルオイルは余計なものを含まない純粋な天然成分で出来ていますから、これを取り入れた美容方法が昨今話題になっています。a0015_000012
天然成分であることはもちろん、それだけではなく、収れん作用、殺菌作用、抗菌作用など、お肌にとって不可欠な、良い働きを持ったエッセンシャルオイルが実はたくさんあるというのも美容目的で使用される要因のひとつと言えるでしょう。
例えばティートリーやユーカリ、レモングラスなども殺菌作用を持っており、お肌の大敵である外部からの菌から守ってくれます。
肌の老化を抑えることになりますから美容意識の高い女性には嬉しい成分でしょう。
そして抗菌作用があるというのは、お肌への効果だけではありません。
虫除けにもなるのです。
虫は菌の多い場所に繁殖し、その付近をただようもので、清潔な場所にはあまり寄ってきません。
レモングラスなどはその代表と言われており、虫除けとしては最適なエッセンシャルオイルと言えるでしょう。
これを水で薄めて部屋にふりまくことにより、衛生的な室内を作れますし、たばこやトイレ、残飯などからくる嫌な臭いをとるという消臭にもつながりますから、主婦にも嬉しい方法と言えるのではないでしょうか。

体への効果

| 未分類 |

体の不調を改善させるために簡単に薬に頼る人もいますが、頻繁に起こる症状に対して毎度薬を飲んでいては、いずれ麻痺して効き目が感じにくくなる事a0002_004326もあります。

 
そのためにも他に解決方法を探しておく必要があります。
実は不安な気持ちを落ち着かせたり、リラックス効果を与えるエッセンシャルオイルが、体の不調にも様々な効果を発します。
例えば、多くの人が悩む頭痛ですが、よくある症状が頭の片側、若しくは両側がズキズキと痛む偏頭痛が一般的です。
これは頭の血管が拡張し、そのまわりの神経が圧迫される事によって痛みが生じます。こめかみを押したり、頭を冷やして拡張した血管を収縮させる必要があるのですが、そこで用いられる精油はユーカリや、冷却作用と鎮静作用をあわせもつペパーミントが効果的です。
一方、頭の筋肉がこわばって、血行が悪くなることが原因で痛くなる緊張性頭痛の場合には、カモミール・ローマンなど鎮静作用のある精油や、血液循環を促すスウィートマジョラムが有効的です。
また天候が不安定な時やお年寄りに多い神経痛にもエッセンシャルオイルは症状を緩和させます。
シトロネラなどの鎮痛作用がある精油や、カモミールなど炎症を抑える鎮静作用のある精油をブレンドして、アロマバスや湿布、マッサージなどで改善させていきます。

心への効果

| 未分類 |

アロマテラピーは昔から使われいますが、目的はたくさんあります。a0002_004006
今のように、防虫剤ない時代にはアロマの香が利用されいました。
また、精神安定剤や抗うつ剤のない時代にはアロマによって心を癒していました。
香りは心に届きやすいと感じたことはないでしょうか。
人間の脳は古代から、進化してきた大脳新皮質と昔のままの機能と両方をもっています。
特に、耳からの情報とにおいの情報は、記憶に残りやすいといわれています。
ふと聞いた昔の音楽で、その当時の情景が浮かぶことがあります。
これは、耳で聞いたことを脳が記憶しており、意識して出来ることではありません。
また、病気によって寝たきりになり意識がない状態でも、聴覚機能が働いていることがあることは医学的に確認されています。
同じように、においの感覚も意識することなく、深い潜在意識に残るものです。
昔嗅いだ香りで既に記憶になくとも、その香りを嗅いだ瞬間その時の記憶がよみがえることがあります。
誰でも、1度や2度は覚えがあるのではないでしょうか。
このように、香りは脳にダイレクトに働きかけるのです。
ですから心にとって、香りは何よりも優れた抗うつ剤にもなり得るのです。
香りを上手に使うことで、沈んだ気持ちを明るくすることも可能なのです。

主な芳香成分と作用について

| 未分類 |

アロマ精油シトロネラの主芳香成分は、モノテルペンアルコール類のゲラニオール・シトロネロール・アルデヒド類のシトロネラール・モノテルペン炭化水素a0002_000036類のリモネンなどになり、虫よけ効果が高い成分になります。

 

シトロネラはレモングラスに似たイネ科の細長い葉から抽出される成分になり柑橘系の香りがする精油になります。昔から虫よけや化粧品・石鹸などの香料として用いられています。シトロネラの精油をコットンなどに数滴たらしてクローゼットやタンスに入れておくと防虫効果があります。虫よけ効果としては、ノミやダニ・ハエなどの撃退に有効になります。消臭作用もあり汗のにおいや体臭を防ぐデオドラント作用もあります。その他の作用は、抗うつ作用があり、精神的に後ろ向きになっている心を明るい気持ちへと導く働きがあります。リフレッシュ効果もあるので、気分転換をしたいときなどに有効な精油になります。鎮痛作用があり顔痛・片頭痛・神経痛などの痛みを緩和させる働きがあるといわれています。相性がいいオイルは、ゼラニウムになります。ゼラニウムをブレンドすることによって虫よけ効果を高める働きがあります。ネロリやイランイランなどの精油とも相性が良いです。

歴史とその使われ方

| 未分類 |

サラシアはスリランカ原産です。a0001_000584

 

生息地としては、スリランカやインドのほか、中国やタイ、インドネシアがあげられ、昔から健康のために飲み継がれてきました。アーユルヴェーダというインドの伝統医学では、この植物がリウマチ、耳の疾患、ぜんそく、月経不順、湿疹、淋病、口渇、糖尿病の薬として、あるいは殺菌力に優れた防腐剤などに有効であるとして用いられてきました。 中でも糖尿病に効くと言われてきましたが、最近の研究でサラシアにサラシノールという血糖値の上昇を防ぐ成分が見つかり、長い歴史と臨床経験をもつアーユルヴェーダ医学の一端が科学的にも解明されました。また、中医学でもサラシアは用いられてきました。中医学の書ではサラシアの根は、リウマチ性関節炎、腰痛の疲労、体力の虚脱、無気力を治すと言われています。その他にも、現在ではその成分に美肌効果があるとされています。サラシアには腸内の悪玉菌を減らし、便通を促し、腸内環境を整える働きがあります。腸内環境が悪いと、ニキビ・吹き出物・シミなど肌の影響が大きいと言われます。現在はサラシアを含んだお茶が各種販売されており、その効果を実際に摂取して確認することもわりあい容易です。