ジャワ種とセイロン種の違いとは

| 未分類 |

消臭や防臭、虫よけといった実用的な使い方から、頭痛や神経痛の解消、感染症予防といった健康面での効用まで期待できるエッセンシャルオイル、「シa0027_000273トロネラ」。イネ科の植物から精製されるオイルですが、レモンのような強い香りが特徴です。このシトロネラはスリランカが原産の植物ですが、マダガスカルやビルマなど熱帯地方に幅広く生育しています。そのなかでもエッセンシャルオイルとして広く使用されているのはジャワ産とセイロン産です。
ジャワ種とセイロン種は基本的な性質は同じですが、成分の含有量が多少違います。主成分であるゲラニオールなどは、セイロン種よりもジャワ種のほうがより多く含まれているのです。したがって効能をより効果的に利用したいのであれば、ジャワ種のオイルのほうが適しています。ただしこのゲラニオールは香り成分でもありますので、含有量が多ければそれだけ強烈な香りを発します。ですから強烈な香りが苦手な人であれば、セイロン種のほうが適しているでしょう。特にこのオイルの消臭作用を期待してペットに利用する人も多いのですが、ペットの中には香りに非常に敏感な動物もいますので、そのようなペットに使用するのであれば香りのきつくないオイルを選択する必要があります。